一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ はじめまして
CATEGORY ≫ はじめまして
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

参考になるものは何?

歯医者さんの奥さんになり、当然わからないことばかり。
大きな本屋さんで歯科医院経営の本もいろいろ見てみましたが、どうもピンときません。

というのも、

効果的なスタッフミーティング(どうやらドクターが複数いて、衛生士や助手が4,5人いる感じを前提に書いているらしい・・・)

良い人材を確保するための採用活動(しょっちゅう新しい人を雇い入れているのか??)

自由診療を増やすための効果的な説明方法(へっ!?「増やす」って・・・)

携帯電話で24時間予約可能に!(もちろんそれができれば便利だけど・・・)

なんかのコツや成功例が長々と披露されてます。あとはインプラントとか。

しかし。
これは、どういう歯科医院を想定して書かれているんだろう?

どう考えても歯科医師(オット)と開業以来のスタッフ1人(衛生士ではないので診療は補助に限られる)で日々やっているうちのクリニックみたいなのではないはずだ。

うちの病院、自由診療なんてこれまでに何件あったんだろうか。
もしかしたらまだ1件もないかもしれない。

患者さんといえば、これまでの電話という方法があるのにわざわざ携帯の細かい文字を追うとは思えない年配の方が多い。


そりゃね、大きなクリニックだったらドクターやスタッフも大勢いるだろうし、都会のおされなクリニックだったら保険外で美しい見た目に仕上げてほしいって患者さんもいるでしょう。患者さんに忙しいサラリーマンが多いなら、携帯で24時間予約も便利だと思う。

だけど、年配の患者さんの多い田舎の小さな歯科医院には、どうしてもピンとこないんです。
なかなか参考になるものはありません

もちろん、書籍に書いてあることがすべてではないですし、部分的に少し参考になるかもしれないことが書かれていたりもするので一概には言えませんが、うちのような歯科医院を想定した本なんてのもあったらいいのになんて思います。



スポンサーサイト

はじめまして

はじめまして。
昨年から、田舎で歯医者の妻をやっています。

結婚する前は、霞が関の国家公務員でした。

もちろん、歯医者の世界とは一切関係のない環境でした。

漠然と、自分の結婚する相手は公務員だと思ってました

ところがところが、なぜか田舎で小さな歯科医院をやっている歯医者と結婚。
私はサラリーマンの世界しか知らないので、歯科医院どころかそもそも自営業の世界も初めて。


仕事は結婚退職したからとりあえず「主婦」になったわけだけど、自営業なのだから家事だけやってればそれでいいというわけにもいくまい。それは分かっていた。

しかし、具体的に奥さんが何をすればオットとオットの仕事にとってありがたいのがわからない。


・・・そんな中で試行錯誤の毎日。
自分のできることは小さなことだけど、自分なりに頑張っているつもり。
それを書き記していこうと思います。

奥さんが経理やレセプト請求などを完全に任されているところも多いかもしれません。
専門的な内容のノウハウなどはよそのサイトにお任せして、できることから、楽しみながら頑張ればいいのだな~と思ってもらえれば幸いです。

これから未知の世界に飛び込む歯医者さんの奥さん、一緒に頑張りましょう!
最初から完璧な奥さんを目指さしたら大変ですからね(笑)。


プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。