一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年11月
ARCHIVE ≫ 2009年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

一日、オットの手伝いをする(2度目)

またテンプレート変えちゃった


半年ほど前にも一度やり、ブログにも書いたのですが、おとといの土曜日、またスタッフが休みだったので代わりに私が一日病院の手伝いをしてきました。

前回は緊急でもないのに子供2人連れたアポなし患者が来て大変でしたが、この日はさほど混みあわず、焦ることもありませんでした。

オットは、私が丸一日従業員の代わりに働いても別段「今日はありがとう~助かったよ~」とかは言いませんが、うちに帰ってきてから、2人で飲みながら夕食を食べ、「仕事でも○○ちゃん(私の愛称)と一緒だと楽しいでしょー?」「仕事でもおうちでも○○ちゃんと一緒なんて幸せー?(うんと言え)」と聞いてやったら苦笑しつつも一応「うんうん」と言っていたので、まあ良しとする。


てか、うち、来年の元旦、当番医なんですよ。
来年の1月1日も2人でこんな感じですわ。もっと患者さん少ないと思うけど。

従業員はここの地元の人じゃないので、さすがに元旦は出勤はさせないのです。

スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。