一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年02月
ARCHIVE ≫ 2010年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

工夫、工夫・・・

相変わらずお弁当作りの毎日です。
オットはお弁当の中身にリクエストも文句も言いませんが、一応、私もいろどりをキレイに似た味のものばかりにならないように野菜もちゃんと入れて、と、考えてます

とは言っても毎朝朝ごはんとは別にお弁当のおかずをすべて1から作るのは私には無理なので、自然と冷凍保存を活用するようになりました。


○夕食にほうれんそうのおひたしやごまあえを作ったら、お弁当に入れる量の小さなかたまりをいくつか作って、冷凍しておく。
(1束は2人分にやや多いので少しお弁当用にまわすとちょうどよい)

○切干大根などの煮物を作ったときも同様。おひたしも煮物も、たまごパックにラップを敷いて1回分ずつ冷凍しておくと便利。

○ポテトサラダを作ったら、キュウリとかを入れる前の段階のものをオーブンで使えるアルミカップに入れて冷凍しておいて、お弁当に入れる朝にとろけるチーズを乗せて焼く。

○夕食がパスタの日は、ゆでたパスタを少し別にとっておき、バターでミックスベジタブルと炒め、ケチャップで味付けして簡単なナポリタンにしておく。レンジで使えるアルミカップに分けて冷凍する(お弁当の主食ではなくおかず用)。

などなど・・・。

ベテラン主婦の方からみたらまだまだですが・・・。

でも、あれだけ主婦雑誌に冷凍保存の仕方が載っている意味がやっとわかりましたよ。
作れるときに作っておいて、保存するというのはかなり合理的なことだったんですな。
(いや、趣旨はわかっていましたけど、この「作ったときのひと手間」がめんどくさくてやってみなかったんです)

そのほかにも、野菜をゆでたら冷凍できるものは小さく切って冷凍するようになりました。
解凍してマヨネーズであえてカニカマのっけたりすれば簡単なサラダになるんで。

もちろん、冷凍食品も使いますけどね。
でも、私がパートに行かなくなってお弁当1個になっても、この「お弁当毎日」は続けるんかな??

以前の「気が向いてなおかつ材料がある日だけお弁当」には戻れないかな・・・。

戻ってはいけないような気もしなくもない。


スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。