一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月
      

≪ 前月 |  2010年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

流血の事態!~片手で更新~

え~うちの歯科医院で流血の沙汰になったわけではないんですが。
昨日の夕食後、私が洗い物をしていると手を派手に切ってしまい・・・。
(詳しく書くと読んでいる方も不快でしょうし、私も思い出そうとすると尾てい骨のあたりがムズムズして血の気が引きそうになるので書きません 笑)

流血!流血!!
私はこんな血見たことないので驚いたのと痛さとで大人なのに本気で泣いて情けない声で「痛いよー!」と叫んでました。
私は怖くて怪我したところが見られず、手だけ流し台に残して座り込んでひ~ひ~泣いてました

オットも驚きながらも怪我の箇所を洗ったり、状態を把握しようとしてくれました。
かなり傷が深いので、夜間救急に行くことに。
オットがよく紹介状を書いたり、自分とこの患者さんの口腔内の手術に行ったこともある病院が夜間救急をやっているので、電話をしてからオットの車で向かいます。
この暑さにせいで(?)ほぼ毎晩ビールを飲んでいる私たちだけど、この日は偶然、ノンアルコールビールを飲んでいたのです
あ~ビール飲んでなくて良かったァ・・・。

無事処置をしてもらい(麻酔して縫いました・・・)圧迫気味に包帯をぐるぐる巻かれて帰ってきましたが、こういうとき自分のオットが血見ておろおろしたり気分悪くなるような人でなくて良かった・・・としみじみ思いました。
立会出産でへたりこんじゃうダンナさんとかいるみたいですし(もっとも、私はオットがどんなに血が平気でも立会出産は絶対させたくないですけどね)。

オットも私が処置されてるのをフツーにパイプいすに座って観察してました。
私はというと、生まれて初めて縫われた痕というものを見て「ひー!ブラックジャックやん!!」と、一瞬見ただけですが卒倒しそうになりました・・・。

というわけでしばらくうちの医院の手伝いもお休み。一晩明けてもジンジン痛い・・・。
処置してくれた先生にはなるべく手を高い位置にと言われているので、右手を立てながら左の指2本でブログ打ってます

スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。