一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年02月
ARCHIVE ≫ 2011年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

シューズ選び

長時間の立ち仕事には、靴も重要なポイント。
以前、受付だけを半日手伝ってたころは、まあはっきり言って靴なんてたいした問題じゃなかった。
お手頃値段見た目のかわいさだけで選んだナースサンダルを履いてました。

しかし、アシスタント業務も一日中やるようになったら、ま~足(脚もだけど)が疲れる疲れる。
別段機能性をそなえたサンダルじゃなかったから、なんというか床の硬さがそのまんま足の裏に伝わってくる感じ。クッション性ゼロというか。

しかも私は偏平足。
(昔、スキーを買いに行き、スキー靴を選んでいるときにお店の人に「偏平足ですね」と言われ、ああ~偏平足なんだ~とを知った)
立ち仕事が偏平足にはこたえるわ。

そんなわけで、シューズを新しく買うことにした。
今度はちゃんと疲れないと銘打ってるやつを。

スニーカータイプもいっぱいあるし、なんかそのほうが安定がよさげな気もしたけど、私は家のスリッパもつま先が開いてるやつを探して買ってるくらいなので、一日中つま先をふさいでたらそれはそれで「う~」となりそう。
だからスニーカータイプはやめた。

カタログにはいろんなのがたーくさん載ってるけど、わざわざ「長時間の立ち仕事も疲れない!」みたいなコーナーになってるところから、「しなるソールで疲れない☆」みたいなのを見つけ、サイズもちょうど合いそうだし、適度にかわいいし(まだかわいさを求めている・・・)、注文してみた。

サンダルというかスリッパというか、でも厚底。
ヒール(というかその底部分)は7センチもあるらしいけど、その底(ソール)が軟らかい素材でしなる・・・らしい。
足が疲れないメカニズムはよくわからんが、とにかく期待。


届いたのを履いてみると、最初履いた瞬間は「おおお!いいかも!」と思った。

しかし、実際履き続けていると、高さが高くて、バキュームとか粉モノをねりねりするときとかの前かがみがつ、つらい。腰にくる。やばい。これは腰にきすぎだろう。高さがこれまでより高くなっちゃったから、腰を曲げる角度まで変わっちゃったんだと思う。
それに、足の裏が当たってる面も、まっ平らで滑りやすい感じ・・・。

腰がどうにかなっては困るし、こうして新しいシューズは2日目にしてゴミ出し用つっかけとなりました・・・。
(つっかけとして履くにはさっと脱ぎ履きができて便利・・・)

おサル並みに偏平足の私にはこれでも無理だったのよう、とオットに泣きつき(?)、またまた新しいのを買わせてもらった。

今度のは土踏まずに当たる部分がちょっと盛り上がっていて、指先なんかも少し足の形に合わせて凹凸があって、前滑りもしなさそう。何より土踏まずに膨らみがフィットしてちょっと気持ちがいい。
今までのよりチョイお値段お高め。
個人差も大きいとは思うけど、これは私にぴったり。その後快適に履いています。

それにしても、看護師さんてすごいな~と改めて思っちゃいましたね。
私と同じようなとこで選んだシューズで、立ち仕事に加えて病院中たくさん歩きまわったり、時には走ったり、重いもの持ったり力仕事もするわけですからね。

それにしても靴選びは難しい。

スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。