一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年04月
ARCHIVE ≫ 2011年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

昼も夜も、いつでもあなたと一緒♪・・・えっ・・・??

前回の記事にも書きましたけど、今は朝から夜まで病院でオットと一緒。
う~ん、世間の「共働き」とこれまた事情が違うわけですね。

私の周囲には自営業っていなかったので、まさか歯医者と結婚するとは思っていなかったころは、夫婦で一緒に仕事をするって、ぶっちゃけ「相手の嫌なところを見る機会が増えるだろうに・・・」って思ってた。
相手の仕事に打ち込む姿を見て見直すとか、より相手の仕事に対する考え方を理解できるとか、そういうんじゃなく、ずっと一緒にいるって普通に考えてマイナスに働くだろうと漠然と信じてた。
(そんな私が自営業と結婚してんですからね・・・人生わからない)

で、実際やってみてその通りだったのか、そんなことはなかったのか。
うーん、どっちだろう。
でも、率直に言うと「思ってたほど悪くない」かな。

まあ~これってお互いがどんな性格かっていうのが大いに関係してくると思うので、同じ形態でも夫婦によって全然違ってくると思うんですけどね。

うちの場合ですが、従業員に辞められたりしてたとき、私が診療のアシストをしてましたが(受付も全部やってたんだけどね)、さすがに「横にいて同じ作業をする(私は補助だけど)」ってのは疲れ方が違いました。

やっぱり、思いがけず治療にてこずったり、技工所から来た技工物が全然うまく合わなかったりすると、オットもイライラしてくるんですよね。
もちろん患者さんに当たったりはしませんけど、真横で見てると、イライラしてるのが分かる
そのイライラが、なんか私にイライラしてんのかな、って思っちゃったりして。
(実際はそうじゃないんだけど)

だから、受付にいるのは「同じ職場にいる」とは言っても、別の空間にいて別の作業をしているのでそれに比べるとラクですね。一日中オットと一緒にいなくてはいけない(笑)のなら、その中でもなるべく上手に距離をとりましょう。
(もちろん奥さんが歯科衛生士さんだとか、ずっと歯科助手やってたとかなら別ですけどね)
うちもお昼ごはん(2人で院長室で食べてます)の「食べてる最中」なんて会話ないですよ(笑)。
別に始終黙りこくってるってわけじゃないけど、別段話すことがなければ、オットはパソコンでヤフーニュースか楽天市場見てるし、私は私で雑誌読んだりしてる。

一日3食一緒にいますからね、1食くらいこんなんでちょうどいい。世の中には1日1食しか夫婦一緒に食べてない人だっていっぱいいるもん。


仕事が終わって夜、病院から帰るとき、私がちょっとだけ先に出るんですが、「そんじゃお先」って言うと「お疲れ様」って言ってくれるのは、意外と嬉しい。ごく普通に受け答えしてるだけなのに、ちょっと嬉しい自分に驚く。
これから結婚するとか、これから病院を手伝い始めるって人は、どんな時でもお互い「お疲れ様」は言おうね、とか決めておいてもいいかも。私はそういうの、ガラでもないので決めませんけど(笑)。そういう「2人の約束ごとを決める夫婦」って、なんちゅうか、ゼクシィのCMに出てくるような、アクのいっさいない、キラキラしたカップルがやるイメージなんで。

とまあ、私のアクだらけの性格がだんだん露呈してきましたが、一人暮らしに慣れすぎて(決してエンジョイしてたわけではないが)、相手の職業が自営業だろうとサラリーマンだろうと、とにかく今さら他人と一緒に暮らすなんてできるんだろうかと独身時代思っていた私が、今じゃ一日中オットと一緒にいられてるんです。これからそういうスタイルになる方、まっ、大丈夫ですよ


スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。