一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

えっと・・・「いのうえ」さんではありません・・・

この前、受付でお会計して、次回の予約をとって「お大事にどうぞ~」ってシメの言葉を言う直前。

患者の女性に

「あのー・・・・・・いのうえさんじゃあ・・・ないですよね」

???

(確かに私、いのうえさんじゃないけど・・・なんだ??)

と、?マークをアタマの上に出していると

「あっ、前に住んでたアパートのお隣の方に似てらしたんで・・・」

ということでした。

確かに、アパートの隣の人って、よほど何か親しくなるキッカケでもなければそれほどまじまじ顔見る機会もないし、具体的にどこに勤めてるとかって知らないですもんね。

あれ~この人似てる・・・かな?って思って歯医者くるたび見てたんでしょうねえ~。

てか、私って芸能人に似てるって言われることはあんまりないんですが、なぜか私の知らない人によく似てるって言われるんですよね。

役人時代の女性の先輩には「ウチの兄の嫁さんにすごい似てるんだけど」と言われ(知らんがな)、オットと旅行で行った海外で同じツアーになった歯医者さん(偶然同じツアーに、歯医者さん夫婦がいらっしゃったのです。うちのオットよりずっとベテランの先生でしたけど)には、「ウチの病院で前働いていた女医の先生に似てるんだよね~」って言われました。

自分としては、そんなに、「どこにでもいそうな顔」じゃないと思うんですけどねえ・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。