一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

就職活動に思う~それは歯科医院で使っちゃダメ・・・~

引き続き歯科助手面接の話。

ある女の子の面接をしていて、他の人と同じような一般的な問答を一通りしたあと、オットが「何か質問などはありますか?」と聞きました。

すると、なんでしょう、多分就活マニュアル本に、「何か質問は?と聞かれたら必ず質問をして、意欲と積極性をアピールしましょう」とか書いてあるんでしょうねえ、そしてその質問の例として載ってるんでしょう、彼女は

「この仕事のやりがいって何ですか?」とオットに聞いたのです。

うーーーーん・・・。

多分それって、一般企業の、選考前のOB訪問(って今もやってるのか知らないけど)とか、説明会とかならいいと思うんですよね。

仕事のやりがいを実際に働いている人に聞くって言うのは、それだけ聞けば別におかしくはないんですが、考えてみれば面接者って、自分なりにその仕事のやりがいは何なのか考えて、自分がその仕事に就きたいって思ったから志望してくるわけですよね(建前は)。
それを面接で聞いちゃうって・・・それ人に聞くの!?あなた自分で考えて来なかったの!?って話です。

しかも、一般の企業などで入社2,3年目の先輩社員に聞くとかならまだわかります。
そこに入社して数年後には自分も(個人差はあれど)そうなるという、近い将来の姿だから。

だけど、助手と歯科医師は明らかに立場が違い、求められるものが違う。
助手が目指す姿はあくまでも助手(優秀な助手)であり、歯科医師ではない。
まあ、トップの院長のやりがいを聞けば、自分が働くにあたっての参考になる・・・と言えなくもないかもしれないけど、やっぱりです。
一般的に言って医療機関って、良くも悪くも確固たるヒエラルキーのある場所です。
(それを態度や言動に出すかどうかは人によりますが組織の構造として)

やっぱり、これから入ってくる若い子にトップが「あなたのやりがいは?」と聞かれたら、「はあ?」と思ってしまうよな・・・。

オットも、「はあ?」とは言わなかったけど、「??僕の?僕のやりがい・・・??」と、明らかに戸惑ってました・・。
(私はそんなオットの横で「ひえぇ」(すごいこと聞いてる・・・)って思ってました)

そんなオットの様子を見ても、その面接者さんは別に自分の聞いたことがおかしいとは思っていない様子でしたが、やっぱり医院って普通の会社とはちょっと違いますよね。
医療の世界が未経験の人にはピンとこないかもしれませんが、就活マニュアル本が想定してない職種もあるのよと教えてあげたかった・・・。

まあ、中にはそういうタイプを「物怖じしない面白い人材」って評価する人もいるかもしれないですけどね。
でも私は、彼女はそこからその後の問答も変な感じになったので、質問はないですのほうがまだ良かったかもな・・・と思いました。

スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。