一番やさしい「歯医者さんの奥さん」入門

歯医者さんの奥さんになることになったけど、実はその世界のことなんてわからないことばかり・・・そんなあなたに♪プロフィール欄のこのブログの趣旨からお読みください♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

防災の日です

こんばんは。
珍しくリアルタイムな内容です。

今日は防災の日(あ、もう日付変わってますね)。
各地で防災訓練とかあったと思います。

私も今日、県の地震総合防災訓練があり、せっかくの土曜日だというのに早起きして出勤してきました。

もちろん、防災訓練ってったってバケツリレー炊き出しをするんではなくて(そっちのほうが楽しそうだけど)、大きな地震が起こったという想定で、県に災害対策本部を設置して、あっちこっちから来る被害情報をとりまとめたり、自衛隊・緊急消防援助隊・DMAT(災害派遣医療チーム)などへの応援要請をしたり、道路が寸断された地域のどこにヘリ飛ばすか決めたり、知事がする記者会見を準備したりとか、そういうのです。

ところで、8月31日の朝日新聞に「災害に強い歯科医求む」という記事が載っていました。

○震災後、避難所には歯科医療や口腔ケアが必要な被災者が大勢いたが、歯科医は人手不足だった
○避難所で口腔ケアをするにあたり被災地で歯科医たちを統率する「災害コーディネーター」を日本歯科医師会が本格的に養成する。
○東日本大震災で、歯科医による遺体の身元確認が難航した経験を踏まえ、神奈川歯科大の大学院の博士課程に「災害医療歯科学講座」を新設する

・・・というような内容でした。

阪神大震災後、東日本大震災前までは、災害に関してあまり歯科医のことが話題に取り上げられていた記憶がないのですが(まあ、歯科医が身内にいなかったから気に留めなかっただけかもしれないけど)、最近は非常持ち出し袋のリストの中に、「入れ歯」が入っているのもよく見かけるようになりました(ただ、現実として、使わなくなった入れ歯を入れておくんでしょうけど、装着していなければだんだん合わなくなるし、衛生的にどうなんだろうという疑問はありますが・・・)。

身元確認については、御巣鷹山の日航機墜落事故の際、遺体安置所の体育館で歯科医たちが大変な苦労をしながら元確認をしたというのは有名な話。
しかし、身元を確認するには照合するためのカルテが必要で、航空機事故のような場合なら、その人が行っていた歯科医院を調べてカルテを提供してもらえばいいわけですが、東日本大震災のような災害の場合、亡くなった人が通っていた歯科医院がカルテもろとも津波に流されていたりするわけですよね。
個人情報なのでなかなか集約したり共有したりすることは難しいのかもしれませんが、そのあたりも何か対策があるのかな、と興味はあります。

とにもかくにも、今日、町内会などの防災訓練に参加した方、お疲れ様でした

スポンサーサイト
プロフィール

HENOHE

Author:HENOHE
元・霞が関で働く国家公務員。田舎の歯科医師と結婚して退職。以前は毎日オットの病院に行って受付をやっていましたが、平成24年4月から今度は地方公務員をしています。
平成26年に長男を出産。

「歯医者さんの奥さんて、病院の経理を担って、忙しいときは現場も手伝って、月のはじめには夫と一緒に夜遅くまでレセプト請求の作業するんでしょ??もちろん家事もしっかりやらなきゃいけないし・・・」なんて、漠然と不安になっていませんか?もちろんそんな奥さんなら言うことナシですけど、最初からそんな完璧を目指さなくてもいいんじゃない?

経理や病院経営の専門的な話はよそのサイトにお任せして、私は現場を離れてはしまいましたが、初めて歯医者さんの世界に入ることになった女性のみなさんに「そんなに難しくないかも」「けっこう楽しそう」と思って読んでいただければ幸いです。
(このブログの趣旨です☆)

だから、(タイトルはこんなんだけど)いわゆる「ノウハウ」は書いてませんが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。

オット:
HENOHEの配偶者。けっこう年上。自分の生まれた地元で開業している。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。